Wundows複合機能システム

Wundows複合機能システム

Saturday, April 6, 2013

医師の絶対数の不足と、地域間・診療科間の偏在による不足がある

 日本医師会副会長の中川俊男氏は、3月31日の第128回日本医師会定例代議員会で、「医師の絶対数の確保には、一定のメドが立っている」との見解を示した上で、「自民党の『東北地方に医学部の新設を推進する議員議連』が医学部施設の動きを加速している。しかし、東日本大震災の被災地である東北3県、特に沿岸部では地域医療の確保が極めて厳しい状況。医学部新設によって医師が教員として引き抜かれることになれば、医療再建どころか、地域の医師不足がさらに深刻化して、地域医療の崩壊が決定的になる」と強調、改めて医学部新設に反対する姿勢を示した。  その上で中川氏は、「東北地方は、東日本大震災以前から、医師不足が顕著だった。他の地域でも、医師の偏在による医師不足が深刻化している。まず被災地から、そして日本の地域医療の全体の問題として、直ちにできることからやっていくべき。それは、医師不足の不安を持つ地域の住民が理解し、『これで医師不足が解決できる』と納得できるものでなくてはならない」と強調。 日本医師会副会長の中川俊男氏は、「被災地の医療現場からこれだけ反対の声が上がっているのに、なぜ医学部を新設しようとする動きが止まることがないのか」と疑問を呈した。  被災地対策については、「復興のためというのであれば、なぜ地域医療再生基金を拡充し、スピーディーで柔軟な対応ができないのか。なぜ政治力を持って、被災地に医師を派遣することができないのか。既に被災地の大学医学部自らが、医師の教育や派遣を通じて、地域医療支援に力を入れ始めている。国はこうした動きを財政面を含めて強力に後押しすべき」。中川氏はこう述べ、東北大学などの取り組みを支援する必要性を指摘した(『オールジャパンの支援・参加を期待 - 山本雅之・東北メディカル・メガバンク機構機構長に聞く』などを参照)。  さらに中川氏は、政治主導で被災地の医学部に「医療復興講座」を新設し、医師の受け皿を作ること、日医が「医師養成についての日本医師会の提案」の第3版で提案している「都道府県地域医療対策センター(仮称)」を具体化することなどを提案(『「都道府県に研修先の調整機関を」、日医』を参照)。「医師の地域偏在と診療科偏在の解消には、私たち医師自らの決断と、具体的な行動が求められる。日医は医療界を主導して、偏在解消にまい進する」と中川副会長は語気を強めた。  「不毛な議論に終止符を打つことが必要」  代表質問で医学部新設問題について質問したのは、宮城県代議員の橋本省氏。宮城県知事や市長会などから医学部新設の動きがあることを指摘、さらには自民党の議連が医学部新設の方針を打ち出したことについて、「震災復興のためとされていることは、被災地の医療復興を目指して働いてきた者としては違和感を覚える」と問題視した(『医学部新設の推進を決議、自民議連』を参照)。  宮城県医師会と東北6県医師会長は、今年2月に政府に対し、医学部新設に強く反対する要望書を提出したことを紹介。2008年度から2013年度までに医学部定員が1416人分増員されている現状などを踏まえ、橋本氏は「医学部新設により医師の粗製乱造が起き、医師の質の低下を招くことは絶対に避けなければいけない。医学部新設は、『百害あって一利なし』であることを国民に理解してもらい、不毛な議論に終止符を打つことが必要」と訴えた。橋本氏は「震災復興に名を借りた政治的な動きがあると危惧している」とも指摘した。  これに対し、中川氏は、「全国の地域医療が崩壊の危機に陥った主な原因には、長期の医療費抑制と深刻な医師不足がある。医師不足には、医師の絶対数の不足と、地域間・診療科間の偏在による不足がある」と分析。「医師の絶対数の確保には、一定のメドが立った」とする理由として、2012年9月に厚生労働省と文部科学省が、「地域の医師確保対策2012」を出したことから、「医師の絶対数の不足については、医学部の新設ではなく、既存医学部の定員を増加させることで決着した」(中川氏)ことのほか、2008年度以降に医学部定員が1416人分増え、2025年の人口当たりの医師数は現在の1.4倍になる見込みであることなどを挙げた。  さらに、医学部を新設しても、自立して診療を行える医師を養成するまでには10年かかること、また地域枠の卒業生が必ずしも地元に定着するわけではなく、地域枠で定員割れが生じているケースもあることなども指摘。  「自民党の議連は、東北地方の市長会、宮城県知事らの要望を背景に、医学部新設を被災地復興のシンボルにしたいという意向だ。しかし、東北6県医師会長、被災地の3大学ともに、医学部新設に明確に反対を続けている。被災地の医療現場からこれだけ反対の声が上がっているのに、なぜ医学部を新設しようとする動きが止まることがないのか」(中川氏)。  「医師過剰の状況を望んでいる人がいる」  医学部新設については、奈良県代議員の塩見俊次氏が関連質問に立った。医学部新設を求める動きが続くことについて、塩見氏は、「日本の将来の医療をそうした形にしたいと考える、政治家あるいは財界の人の考えが裏にあるからだと考えている。(医学部を新設すれば)やがて遠くない時代に医師過剰時代がやってくる。医師過剰の状況を望んでいる人がいる。今、個別にこの問題に反対しても、なかなか受け入れられない。『日医は、自分たちの利益が減るから反対するのだろう』と、逆に言われかねない」との見方を示し、日本の医療の在り方を提示し、それを前提に反対運動を繰り広げていくことが必要だとした。  中川副会長は、「医師不足の地域の住民が納得できる形」とは、将来的なビジョンも含めて提示して納得を得ることを意味すると説明。「医師の失業率は将来ともゼロを維持することが大事」とし、そのためにも「都道府県地域医療対策センター(仮称)」を機能させる必要性を改めて強調した。

No comments: